【長文読解】故郷【国語】

Rating

Creative
Effect
Animation
At vero eos et accusamus et iusto odio dignissimos ducimus qui blanditiis praesentium voluptatum.
Very Good

魯迅『故郷』のあらすじ
主人公は二十年ぶりに故郷へ帰ってきた。生まれ故郷の家の家財道具を片付けて引っ越すためにである。主人公は、幼なじみの閏土との再会を楽しみにしていたが、再会した閏土は厳しい身分社会によってデクノボウみたいな人間になっていた。宏児と水生が仲良く遊ぶのを見て、主人公は「彼らには、私たちの経験しなかった新しい生活を持って欲しい」と願う。

・わたし(主人公)
四十歳前後。名前は迅(シュン)。地主の息子。

・閏土(ルントウ)
四十二歳前後。主人公の幼なじみ。小作人の息子。

・宏児(ホンル)
八歳。主人公の甥。

・水生(シュイション)
十歳前後。閏土の五男。

わたしと閏土の関係が旧中国、宏児と水生の関係が新中国であり、「旧中国を改革して新中国にすべきである」という意志で書かれた小説だと思います。


Category: 国語
4,658
Views